FC2ブログ
市立川崎附属中コースを開講して2年で、受験者は12名、そのうち5名が合格を手にしました。    2017年度は、さらなる合格者アップを目指して行きます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは、国大Qゼミ川崎校の久野康晴です。

今回は、合格するための練習方法・9回目です。

今日は「グラフや表の読み取り2・かんたん記述法」です。

次の文は、実際の授業で扱った問題の一部です。

「水を買うという考え方が国民の間に広くいきわたるようになりました」
とありますが、この考え方の背景にはどのような理由があると
予想できますか。

資料2から読み取れることを簡潔にまとめたうえで、考えられる理由を
書きなさい。

授業中、生徒たちの手がピタッと止まりました。
なぜか?その一番の理由は、

▲書き出しをどういうふうに始めればいいか分からないから

私の授業では
「聞かれている通りに書き始めなさい」
と指導しています。

問題文に「資料2から読み取れることを簡潔にまとめたうえで」
なんて書いてあると 非常にレベルの高い作文を求められている
のではないかと思い込む生徒も多いです。

上の問題できかれていることは2つ。
①水を買う理由は何か。
②資料2から読み取れること

よって、
・資料2から(   )ということが分かります。
・水を買う理由は(   )からです。
と書けばいいわけです。

模範解答では、ややレベルの高い表現になっていますが
表現よりも答えのポイントを ずらさないことのほうが大切です。

「問題文で聞かれていることをそのまま記述問題の書き出しにする」

これが、記述問題のポイントです。

FC2blog テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

【2016/09/05 16:13】 | 公立中高一貫校対策
【タグ】 久野康晴  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。