FC2ブログ
市立川崎附属中コースを開講して2年で、受験者は12名、そのうち5名が合格を手にしました。    2017年度は、さらなる合格者アップを目指して行きます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは、国大Qゼミ川崎校の久野康晴です。

合格するための練習方法・15回目です。

⑮「脳みそパニック体験」

適性検査では、問題の文章量や答えにたどりつくまでの
作業量が多くなります。

それらの量が、自分の許容量を超えてしまったとき
生徒たちは「脳みそパニック」を起こします。

そのあと、多くの生徒は‘思考停止’におちいります。
考えることを拒絶してしまうのです。

それを克服するためには
「行程表作成問題」
に取り組むのが最適です。

思考停止なるのは、スポーツに例えると
体力不足・持久力不足の状態です。

それを克服するには、脳みそパニックを何度も経験して
思考体力・思考持久力を つけていくしかありません。

行程作成問題でのトレーニングをお勧めします。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

【2016/10/31 16:30】 | 公立中高一貫校対策
【タグ】 久野康晴  
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。