FC2ブログ
市立川崎附属中コースを開講して2年で、受験者は12名、そのうち5名が合格を手にしました。    2017年度は、さらなる合格者アップを目指して行きます!
こんにちは、国大Qゼミの久野康晴です。

今回から市立南附属中学校に実際に通っている生徒さんからの
レポートです。
現中1の生徒さんからヒアリングしました。


■授業について

・教科書に加え、各科目5冊程度の副教材があります。

・毎週、学習スケジュール表の提出があります。

・1日の宿題の平均時間は2~3時間だそうです。

・数学はワーク、問題集中心の授業。
 公立中のカリキュラムとは違い、中1・中2を
「代数」と「幾何」の分野ごとに学習しています。

・英語の授業はリスニングから入り、年間で教科書を
 5周するそうです。

・英語を聞く→聞いて書き取るをUnit1~11まで一気に学習し
 3周目以降から文法の学習に入るそうです。

・英語を英語で考えることを重視し、3年次にカナダ研修もあります。
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

【2013/10/25 22:17】 | 学校情報
【タグ】 久野康晴  
トラックバック(0) |