FC2ブログ
市立川崎附属中コースを開講して2年で、受験者は12名、そのうち5名が合格を手にしました。    2017年度は、さらなる合格者アップを目指して行きます!
こんにちは、国大Qゼミの久野康晴です。

前回から、合格された生徒さんにヒアリングした
実際の学校の様子を書いています。

今回は、県立相模原中等教育学校の2回目です。


・英語の教科書は「プログレス」を使用しています。
 また「新中学問題集・発展編」も併用しています。

※プログレスは、私立中学の‘定番’教科書です。

※新中学問題集は、塾の‘定番’教材です。
発展編はレベルが高く、私立中学で導入しているところも
あります。


・中1のときには、プログレスをずっと読み続けるだけの
時間もあるそうです。
とにかく読んでいるだけということでした。
(これを加えると英語の授業は毎日あるそうです)

・英語では、中1から発音記号を習っています。
(プリント配布程度とはいえ)

・毎週、1回10問の英単語テストがあります。

・英検ではなく、GTECをやっています。 
GTEC→http://www.benesse.co.jp/gtec/

・国語では、毎週、1回10問の漢字テストがあり
成績不振者には再テストがあります。

・漢検は、全員が受検するそうです。
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

【2013/09/28 14:04】 | 学校情報
トラックバック(0) |