FC2ブログ
市立川崎附属中コースを開講して2年で、受験者は12名、そのうち5名が合格を手にしました。    2017年度は、さらなる合格者アップを目指して行きます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは、国大Qゼミの久野康晴です。

今回は、横浜市立南高等学校附属中学校(以下、市立南)の
選考資料のひとつ、小学校の調査書 について詳しく書きます。

県立相模原・平塚は小6のみですが、市立南は小5と小6
両方の調査書が選考資料になります。
各科目1~3の3段階評価で中学校に提出されます。

市立南の場合、その3段階評価がさらに次のように換算されます。
①.3は10点、2は5点、1は1点
さらに
②.算国理社がオール3の場合は+10点
図画工作・音楽・家庭科・体育がオールの場合も+10点
のボーナスポイントあり

合否決定において、②が‘曲者’になります。

全8科目のうち、3が5つ、2が3つとして、実際に計算してみると
びっくりすることがおきます。

小5小6ともに、
 「算3 国3 理3 社3 図3 音2 家2 体2」だったとすると、
 ⇒換算値は150点ですが、
 「算3 国3 理3 社2 図3 音3 家2 体2」だったとすると、
 ⇒換算値は130点になります。

3の個数と2の個数は同じなんですが、20点も差がついてしまうのです。
普段から、気をぬくことはできません。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

【2013/06/27 19:06】 | 公立中高一貫校対策
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。